薄毛コラム

ハゲ治療で代表的な3種の薬と発毛剤!その効果と恐ろしい副作用

ハゲや薄毛に悩む人にとって、薬や発毛剤などの医薬品は気になる存在です。

手っ取り早くハゲを治してくれそうですが、重篤な副作用があるという怖い話もよく耳にします。

この記事では、代表的なハゲの治療薬であるミノキシジル・プロペシア・ザガーロを取り上げ、それぞれの効果や副作用について解説します。

ハゲを治すために薬や発毛剤などの医薬品に頼るべきなのかどうか、判断基準にしてみてくださいね。

薬や発毛剤はハゲ(AGA)の改善に本当に効果があるの?

そもそもハゲに薬は効くのか?という疑問。AGAの治療薬や発毛剤など「ハゲに効く!」とされている医薬品は多数ありますが、どこまで効果を期待していいんでしょうか?

まずはこの点から見ていきましょう。

薬や発毛剤はAGA型のハゲに効果がある

ハゲや薄毛と一口にいっても、症状やメカニズムにはいくつかの種類があります。

一般的に、ハゲの治療薬や発毛剤が効果を発揮するのはAGA(男性型脱毛症)と呼ばれるタイプのハゲです。

AGAの特徴としては以下の通り。

  • 全体が薄くなるのではなく部分的にハゲる
  • おでこの生え際や頭頂部に出やすい
  • 進行がゆっくりしている
  • 軟毛化や細毛化が見られる

上の項目に身に覚えがあったら、AGAに該当する可能性が高いです。

一方で、全体的に髪の毛がスカスカになったり、円形脱毛症のように一部だけがハゲる場合は、別の原因によるものである可能性が高いです。

そもそもハゲ(AGA)が起きる仕組みとは?

AGA型のハゲは、体内の男性ホルモンの影響でヘアサイクルが乱れることによって起きると考えられています。

男らしい体を作るための男性ホルモン「テストステロン」。誰の体の中にもありますが、これが5αリダクターゼという酵素の働きによってDHTという物質に変化します。

このDHTがAGAを引き起こす直接的な原因です。

DHTが毛乳頭にある受容器に結合すると、「成長中の髪の毛を休止期に移行させる」という厄介な信号を出します。

その結果、十分に育ちきる前に髪の毛が抜けてしまうため、DHTが増加した部位でハゲが進行することになるのです。

薬や発毛剤はハゲに積極的にアプローチする

薬や発毛剤は「攻め」と「守り」の二つのアプローチでAGAによるハゲに対抗します。

  • 攻め:細胞を活性化させて丈夫な髪の毛を作る
  • 守り:5αリダクターゼやDHTの働きを抑制する

薬や発毛剤の種類によって、どちらのアプローチが優先されるのかは変わってきます。

いずれにしても、医薬品ならではの効果的なアプローチができるので、AGAの本格的な治療には薬や発毛剤がよく使われます。

ただし、ハゲにもさまざまな進行度合いがあり、どの段階にも医薬品の使用が勧められるわけではありません

場合によっては、より効果がマイルドで「予防」を重視した育毛剤やサプリがベターな状況もあるので、見極めが肝心です。

ハゲに効果のある3つの薬(内服薬&発毛剤)をチェック!

冒頭にも名前を出したように、現在ハゲの薬としては以下の3種類が有名です。

  • ミノキシジル
  • プロペシア
  • ザガーロ

ハゲに対してどのような効果のある薬なのか、一つずつチェックしていきましょう。

ハゲに効果的な薬①ミノキシジル(内服薬&発毛剤)

ミノキシジルはもっとも広く使われているハゲの薬です。

ミノキシジルの効果は、髪の毛を作る細胞を元気にするという「攻め」の働き。毛母細胞の増殖やタンパク質の合成を促進し、髪の毛の成長を促します。

ミノキシジルには、外用薬(発毛剤)と内服薬の2種類があります。

外用薬の方は発毛剤として市販されており、薬局やドラッグストアで買うことができます。リアップなどが有名ですね。

一方、内服薬の方は、AGAクリニックなどで医師から処方してもらわないと手に入りません。効果が大きい反面、副作用のリスクが大きいためです。

ハゲに効果的な薬②プロペシア(内服薬)

ハゲ治療の内服薬でもっとも有名なのが、このプロペシア

もともとはフィナステリドと呼ばれる高血圧の治療薬でした。副産物としてハゲに効果があることがわかり、配合量を抑えめにしてプロペシアという名前で商品化されました。

プロペシアの効果は、5αリダクターゼを抑制してDHTの生成を妨げるという「守り」の働きです。ハゲの進行を食い止める方向に働きます。

昔からハゲの内服薬として広く使われており、日本ではジェネリック医薬品も出回っている薬です。医師の処方箋が必要で、薬局やドラッグストアで買うことはできません。

ハゲに効果的な薬③ザガーロ(内服薬)

2016年に商品化されたばかりの新しいハゲの治療薬です。

ザガーロの効果はプロペシアと同じで、5αリダクターゼの働きを抑制することでDHTを作らせないという「守り」の薬になります。

その効果はプロペシアよりも強く、臨床試験でプロペシアの1.6倍の発毛効果が認められているほど。ただし、副作用が出やすいというデメリットもあります。

ザガーロも医師の処方の下で出される薬で、薬局やドラッグストアなどでは買うことができません。

薬や発毛剤の副作用は?ハゲへの効果が強いほど要注意!

薬や発毛剤などの医薬品で気になるのは、副作用の存在です。

ハゲ(AGA)の治療薬での怖い話も耳にしますが、実際にはどうなのでしょうか?

ミノキシジル(内服薬・発毛剤)の副作用

ミノキシジルは内服薬と外用薬(発毛剤)とで副作用のリスクが異なります。

外用薬(発毛剤)の形の場合、もっとも多い副作用は頭皮の痒みです。

他にも、成分に対するアレルギー反応によるかぶれ・炎症・発疹・肌荒れなどが起こる場合があります。

また、こちらはレアケースですが、動悸やめまいなど全身に及ぶような副作用が出る可能性もゼロではありません。

ミノキシジル配合の発毛剤は薬局やドラッグストアで手軽に買うことができますが、約8%程度の人に副作用が見られると言われています。頭皮の荒れが大半を占めるとは言え、結構な確率ですね。

ミノキシジルの内服薬は重篤な副作用のリスクも

ミノキシジルの内服薬は、外用薬よりも高い効果が期待できる反面、重篤な副作用が出る可能性が指摘されています。

具体的には、心臓の機能や血圧に対して悪影響を及ぼす可能性があります。ミノキシジルはもともと高血圧の飲み薬として使われていたもので、血管を拡張する作用があるためです。

こういった副作用のリスクの高さから、日本でも海外でもミノキシジルはAGAの治療薬として認可されていません。ハゲに対する効果は高くても気軽に使うことはできない、ということですね。

プロペシア(内服薬)の副作用

プロペシアの代表的な副作用は、性欲減退と勃起不全です。

プロペシアは、男性ホルモンの一種であるDHTの生成を阻害することで、ハゲの進行を食い止めるタイプの薬です。そのため、男性機能に関わるところで副作用が起きるのです。

副作用が起きる可能性はそれほど高くないのですが、ED症状を発症する可能性があるのは怖いですね。しかも、飲むのを中止しても副作用の状態がつづいたという研究報告もあるようです。

また、肝機能に異常を起こすことで、倦怠感や食欲不振などを引き起こすケースも稀にあります。

プロペシアの効果は妊娠中の女性には悪影響!

妊娠中かその可能性のある女性はプロペシアを絶対に服用してはいけません

AGAではハゲを引き起こす原因になるので悪者ですが、DHTはもともと男性器を成長させるために必要になるホルモンです。胎児の頃にもっともよく働きます。

母親がプロペシアを飲んでしまうと、DHTが不足して胎児の性器が十分に育たなくなる可能性があります。

服用だけでなく薬に触るだけでも悪影響があると言われており、妊娠中の妻を持つ男性は注意が必要です。厚生労働省からも注意喚起が出されています。

参照元:厚生労働省

ザガーロ(内服薬)の副作用

ザガーロはプロペシアの強化版のような薬なので、副作用のリスクもかなり大きくなっています。

ザガーロの副作用としては、プロペシア同様に、性欲減退・勃起不全・肝機能障害などが代表的です。

副作用が起こる可能性は一説では17%とも言われており、非常にリスクの高い治療薬になっています。

そのため、他の薬を先に試してどうしても効果が得られなかったときにザガーロを勧められることが多いです。

ハゲに対する効果がいくら高いと言っても、ここまで副作用のリスクが大きいと使うのはちょっと躊躇われますね。

まとめ:ハゲには薬や発毛剤より先に育毛剤を試そう!

代表的なハゲの治療薬であるミノキシジル・プロペシア・ザガーロの効果と副作用を見てきました。効果が高い薬ほど副作用のリスクも大きくなるのがわかったと思います。

ハゲを改善したいのはやまやまでも、ED発症のリスクなどと言われると二の足を踏んでしまう人も多いのではないでしょうか。

ハゲに薬や発毛剤を使うのは最終手段にしたい

薬や発毛剤などの医薬品はハゲの進行具合が激しい人が使う最終手段と考えるべきでしょう。

まだ20代や30代の若い人で、ハゲの進行がそれほどでもないという場合は、いきなり薬に頼るのはあまりおすすめできません。

また、上で紹介した薬や発毛剤は基本的にAGAの原因に対するアプローチであり、必ずしも若い人のハゲに効果を発揮するとは限りません。20代のAGA発症率は6%、30代は12%と言われています。

ハゲの原因には他にも、頭皮の血行不良や栄養不足、頭皮環境の悪化などが絡んできます

いきなりAGA治療薬で一点突破しようとするよりも、ハゲの原因全般をカバーするようなトータルケアから入った方が賢明と言えるでしょう。

薬に頼らなくても育毛剤でハゲをトータルケアできる

育毛剤は医薬部外。薬や発毛剤などの医薬品ほど強い効果は見込めませんが、その代わり、副作用がありません

さらに、治療薬のように一つの成分に頼るのではなく、さまざまな育毛効果・抜け毛防止効果のある成分が詰め込まれています。

育毛剤なら全般的なアプローチでハゲ対策ができるため、いったい何が悪さをしているのかわからない若い人のハゲに対して非常に効果的です。

ハゲ対策におすすめの育毛剤はどれ?

育毛剤では、人気の高いチャップアップや、成分的に優れているイクオスEXプラスなどがおすすめです。

特にイクオスEXプラスの方は、有効成分数・配合成分数がともに業界ナンバーワンで、数多くの原因にアプローチできる育毛剤です。副作用の心配もありません

イクオスEXプラスを使っておけば、ハゲの原因がハッキリしない人でもトータルな対策ができます。

薬や発毛剤は効果は強いですが、副作用のリスクも大きいです。最悪EDなどを発症する可能性もあります。薬に頼るのは育毛剤を試してからでも遅くありません

ハゲ対策をしたいけど副作用は避けたい!という人は、まずはチャップアップやイクオスEXプラスなどの育毛剤から使ってみてくださいね。